メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 ゲートオープナーとは=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

 新しい診療報酬が4月から実施された。2年ごとの改定で、今回は「かかりつけ」がキーワードだ。

 「かかりつけ医」には認知症や小児へ守備範囲を広げる報酬を設けた。歯周病、口腔(こうくう)機能の改善に取り組む「かかりつけ歯科医」に報酬が付いた。患者の服薬指導にあたる「かかりつけ薬剤師」の報酬も新設された。

 一方で、診療所等の紹介状なしに大病院(原則500床以上)を受診する際は特別料金を取られる。最低で初診5000円(歯科3000円)、再診2500円(同1500円)。ただし、救急患者、同じ病院の他科受診者等は除外される。

 風邪でも大病院へ行く傾向を改め「かかりつけ医療」の時代を切り開こうという狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1214文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです