メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プロ野球

日ハム、自前球場検討 本拠地移転、北大構内など候補

札幌ドーム=札幌市豊平区で2014年9月、本社チャーター機から手塚耕一郎撮影

 プロ野球の北海道日本ハムファイターズは24日、札幌市かその近郊などに新球場を建設し、同市が所有する札幌ドーム(札幌市豊平区)からの本拠地移転を検討していることを明らかにした。ドームの使用料は年間13億円程度に上っており、自前の球場を持つことでサービスや収益の向上につなげる。

 球団によると、候補地は札幌市北区の北海道大学構内や同市南区の真駒内地区、北広島市の「きたひろしま総合運動公園」予定地など道内15〜20カ所。

 現在は人工芝グラウンドだが、新球場では選手の肉体的負担を軽くするために天然芝にすることや、降雪を考…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1162文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです