中国

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」再び人気

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
書店の売り場に山積みされた「ジャパン・アズ・ナンバーワン」=上海で、林哲平撮影
書店の売り場に山積みされた「ジャパン・アズ・ナンバーワン」=上海で、林哲平撮影

 【上海・林哲平】日本が経済成長を遂げた理由を分析したエズラ・ボーゲル米ハーバード大名誉教授のベストセラー「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(中国語名「日本第一」)が中国で36年ぶりに再刊され、発売直後に重版されるほどの勢いで売れている。日本のような経済成長を経験し、米国との摩擦を抱える中国。隣国・日本から学ぶ点が多いと思われているようだ。

 1979年に出版された同書は日本型組織の特徴などに注目し、日本で約70万部が発行されるなど世界的なベストセラーになった。当時、中国でも出版されたが読者は研究者などに限定されていた。だが今年3月に上海訳文出版社(上海市)が出版した再刊本は2週間で2万部が完売して1万部を増刷。上海市内の大手書店ではレジ前の「一等地」に平積みされ、次々と客が手に取っていた。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集