大相撲

新十両大輝「やっとスタートライン」 万感の思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋場所で新十両となる大輝=両国国技館で2016年1月17日、猪飼健史撮影
名古屋場所で新十両となる大輝=両国国技館で2016年1月17日、猪飼健史撮影

 「逸材」は一度も負け越すことなく所要8場所で新十両に昇進した。日本相撲協会は25日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・愛知県体育館)の番付編成会議を開き、5人の十両昇進を決め、新十両の1人は大輝(23)=本名・中村大輝、埼玉県所沢市出身、八角部屋。日体大時代に幕下15枚目格付け出し資格を2度得たが、卒業を優先したため失効し、前相撲でデビューした。「やっとスタートラインに立てた」。その言葉に万感の思いがこもった。

 埼玉栄高で高校横綱。日体大2年で学生横綱に輝き、3年で国体を制して2年連続で付け出し資格を得た。しかし、卒業を優先したため、1年有効の資格は失効した。大学4年時は全国学生選手権個人決勝で敗れて資格を逃し、初土俵の昨年春場所は前相撲から始まった。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文742文字)

あわせて読みたい

注目の特集