メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新関空会社

最後の決算発表は最高業績

 新関西国際空港会社が24日発表した2016年3月期連結決算は、売上高が前年比20%増の1845億円と過去最高を更新した。営業利益592億円(34%増)、最終(当期)利益294億円(50%増)とこれらも過去最高だった。同社は4月、関西国際空港と大阪(伊丹)空港の運営権をオリックスなど計32社が出資した「関西エアポート」に移管しており、空港運営者としては最後の決算発表を最高業績で飾った。

 同社は、関西エアポートの運営を監督する業務を担い、運営権料を受け取って負債を返済することになる。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです