特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

オバマ氏広島訪問

被爆証言する科学者、核廃絶の願い託し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
被爆体験を振り返る葉佐井博巳さん=広島市佐伯区で2016年4月26日、山田尚弘撮影
被爆体験を振り返る葉佐井博巳さん=広島市佐伯区で2016年4月26日、山田尚弘撮影

 オバマ米大統領による被爆地・広島への歴史的な訪問が27日に実現する。被爆者で核物理学者の葉佐井博巳・広島大名誉教授(85)=広島市佐伯区=は1980年代、原爆開発の地・米ロスアラモスで「原爆投下正当化論」に直面。以降、強い危機感から、広島原爆の被ばく線量の研究に力を注ぎ、退職後は被爆者として証言活動に力を入れてきた。オバマ氏が立つ平和記念公園は、多くの住民が一瞬にして命を奪われた場所。「そこでどう感じたのか、素直に語ってほしい」。葉佐井さんはオバマ氏にそう望み、核廃絶の願いを託す。【山田尚弘】

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1030文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集