メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自

実弾で演習、隊員けが…計画では空包使用 北海道

今回発射されたものと同型の5・56ミリ普通弾(上)と、使われる予定だった空包=陸上自衛隊北部方面総監部提供

 北海道鹿追町の陸上自衛隊然別(しかりべつ)演習場で23日に実施された訓練で、誤って実弾を撃ったため男性隊員2人が軽傷を負う事故があり、北部方面総監部(札幌市)は24日、79発の実弾が発射されていたと発表した。撃った隊員は9人で空包を用いる計画だったにもかかわらず、所持していたのは全て実弾だったと判明。総監部は調査委員会を設置するなどして原因を調べる方針だ。

 総監部によると、訓練は22〜26日の日程で、延べ31人が参加する計画だった。誤射があったのは23日…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです