メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

突然死を招く不整脈 動脈硬化予防、禁煙が重要

 4月に突然死したお笑いタレントの前田健さん(享年44)には、不整脈の持病があった。不整脈が引き金となる病気で急逝するスポーツ選手や有名人が後を絶たない。脈拍が少し乱れただけで心配になってしまうが、どのような不整脈が危険なのか。その予防法は?(医療ライター・福島安紀)

心室細動、心停止と同等/心臓病多いが遺伝性も/AED使用、一刻も早く

 直前まで仕事や家事をこなし、いつもと同じ生活を送っていた人が急に帰らぬ人となる突然死。4月24日に路上で倒れ、病院に搬送後に亡くなった前田さんの早過ぎる死にショックを受けた人も多いのではないだろうか。

 「年間約7万5000人が心筋梗塞(こうそく)などの心臓病が原因で突然死しています。その大半は不整脈…

この記事は有料記事です。

残り2085文字(全文2404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです