メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日新聞企業人大学

日本型のテロ対策を 元警視総監・池田克彦氏講演 /千葉

講演する池田克彦・元警視総監

 毎日新聞企業人大学は25日、千葉市美浜区ひび野2の「ホテルグリーンタワー幕張」で5月講座を開き、原子力規制庁長官も務めた池田克彦・元警視総監が「日本のテロ対策」と題して講演した。【金森崇之】

講演要旨

 日本のテロは、伝統的には右翼と左翼。今、一般企業へのテロは右翼の可能性が一番高い。国際テロが政府系機関、交通インフラ、人が多数集まる場所など効果の大きいところを狙うのに対し、右翼は企業からどうやって金を取るか考える。そのためにテロまがいのことをやる。何か要求されたら毅然(きぜん)とした態度が大事だ。

 左翼の中核派は大衆路線に傾斜し、反安保や反原発運動を担っている。革マル派は労働組合や大学の自治体を…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文665文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです