日米首脳会談

地位協定の運用改善…沖縄事件受け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は25日夜、三重県志摩市で行われたオバマ米大統領との会談で、在日米軍の法的地位や基地の管理・運用を定めた日米地位協定について「一つ一つ目に見える改善によって具体的な結果を積み重ねていくことが重要だ」と述べた。沖縄県うるま市の女性の遺体を遺棄したとして米軍属の男が逮捕された事件を受け、沖縄では地位協定の改定を求める声が高まっているが、首相は運用改善で対応す…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

ニュース特集