メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

封じ手は「2四歩」…第4局・2日目始まる

立会の井上慶太九段(右)から差し出された封じ手を見る羽生善治名人(左)。中央は佐藤天彦八段=広島県福山市の福寿会館で2016年5月26日午前9時6分、加古信志撮影

 羽生善治名人(45)に佐藤天彦(あまひこ)八段(28)が挑戦し、佐藤の2勝1敗で迎えた第74期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社・朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、名人戦福山開催実行委員会協力)は26日、広島県福山市の福寿会館で2日目の対局が始まった。

 前日に続き福山市内は曇天で、対局再開のあたりから弱い雨も降り出した。対局室に佐藤、羽生の順に入室し、記録の井田明宏二段が読み上げる前日の指し手を盤上に再現した。54手までが並べられたところで、立会の井上慶太九段が佐藤の…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです