バドミントン

中国なぜ強い?…幼少時から競争続け育成

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ユーバー杯3連覇を果たし、喜ぶ中国の女子選手ら
ユーバー杯3連覇を果たし、喜ぶ中国の女子選手ら

 22日まで中国・昆山で開かれたバドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦の男子トマス杯と女子ユーバー杯で、中国女子が3大会連続14回目の優勝を果たした。男子は8強止まりだったが世界ランキング上位がそろい、男女とも選手層は世界一だ。2012年ロンドン五輪では全5種目で優勝を独占。五輪通算で国・地域別最多の計16個の金メダルを獲得してきた。男子ダブルスでロンドン五輪と4度の世界選手権を制し、今大会のテレビ解説を務めた蔡贇さん(36)に強さの要因などを聞いた。

 「選手を育てるシステムが充実している。だから、中国は伝統的に強い」と蔡贇さんは断言する。自身は9歳で体育訓練学校に選抜されて寮生活に入った。勉強は午前中のみ。昼以降は練習に打ち込み、「勉強のストレスはなく、競技に集中できた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文783文字)

あわせて読みたい

ニュース特集