舛添知事

政治資金調査、2弁護士に依頼 名前は明かさず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都の舛添要一知事は25日、不透明な政治資金の支出など「公私混同」を指摘された疑惑について、元検事の弁護士2人に調査を依頼したことを明らかにした。2人の氏名は「調査に支障があるので公表しないでほしいとの申し出があった」として明かさず、できるだけ早く調査結果をまとめ、その発表に合わせて弁護士名も公表すると説明した。

 首都圏の自治体トップの会議で訪れた福島市で報道陣に答えた。舛添氏は20日の定例記者会見で、複数の弁護士に調査を依頼すると表明していた。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文664文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集