メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正銀行法成立

IT企業との連携促進 出資制限を緩和

3メガバンクのフィンテックに対する主な取り組み

 銀行とIT(情報技術)企業の連携を目指す改正銀行法が25日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。銀行持ち株会社や銀行によるIT関連企業への出資制限を緩和するのが柱。仮想通貨の不正利用を防止するための新たな規制も導入する。銀行とIT企業が提携する環境が整うことで、新たな金融サービス「フィンテック」の普及が加速しそうだ。

 従来の銀行法は、銀行から一般企業に対する出資を5%(持ち株会社は15%)までに制限していた。改正法では、金融庁の認可を前提に、金融関連のIT企業に対して制限を超えた出資が可能となる。改正法は1年以内に施行され、金融庁が具体的な認可条件について基準を定める。銀行がベンチャー企業を買収したり、資本提携したりすることで新しいサービスに進出しやすくなり、ベンチャー側も資金調達や販路の拡大につながる。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです