メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

佐藤が55手目封じる 第4局

 羽生善治名人(45)に佐藤天彦(あまひこ)八段(28)が挑戦、佐藤の2勝1敗で迎えた第74期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社・朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、名人戦福山開催実行委員会協力)は25日、広島県福山市の福寿会館で始まり、午後6時32分、佐藤が55手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は佐藤4時間17分、羽生3時間44分。26日午前9時に再開する。

 若き挑戦者が連勝の勢いで名人を一気にカド番に追い込むか、名人が老練な勝負術でタイに戻すかの一戦。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです