メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市

暴力団離脱者の雇用企業を優遇へ

 北九州市は25日、市が発注する建設工事の競争入札参加資格の格付けで、暴力団離脱者を雇用する企業を優遇する取り組みを来年から始めると発表した。市によると、福岡県警の要請を受けたもので全国初。

 市の競争入札に参加できる有資格業者は、経営状況や技術力、社会貢献などの項目で点数をつけて格付けされる。高いほど予定価格が高額の工事に参入できる。

 市契約制度課によると、今回の優遇策の対象は市内に本社などがあり、県暴力追放運動推進センター登録の協…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文458文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです