メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不発弾

処理費返して 土地所有者ら大阪市提訴

 昨年5月に大阪・ミナミの繁華街で行われた大規模な不発弾の撤去作業を巡り、大阪市に処理費を負担させられたのは不当だとして、不発弾が見つかった土地所有者の男性(57)と親族が、市に約580万円の返還を求める訴えを大阪地裁に起こしたことが分かった。処理費の負担先を規定する法令がないため、大阪市は以前から地主に負担を求めているが、男性は「不発弾処理は戦後処理の一環。行政が責任を負うべきだ」と訴えている。

 男性の代理人弁護士によると、自治体に処理費の返還を求める訴訟は極めて珍しい。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです