メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

消費増税再延期へ 首相「世界経済」名目に サミット舞台に演出 失政批判の回避狙う

 安倍晋三首相は検討していた来年4月の消費税率10%への引き上げ再延期を演出する場として、自らが議長を務める主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)を選んだ。世界経済が直面する危機に対応するとの名目で、増税延期が必要と訴えていく考えだ。一方で、実際にはG7参加国の政策に関する立場の違いも浮き彫りになった。

 世界経済に関する26日午後の議論は予定時間を約20分オーバーし、2時間近くに及んだ。議論の中で安倍首相は、「リスクから目をそらしてはいけない。G7が一段と強い明確なメッセージを出すことが不可欠だ」と繰り返し訴えた。同日夕、首相は記者団の前で、世界経済は厳しい状況にあるとの認識で各国首脳と一致したと強調した。

この記事は有料記事です。

残り2597文字(全文2908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです