消費増税

再延期へ 「リーマン」言及に反発 野党「首相が責任転嫁」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相が26日の主要7カ国(G7)首脳会議で、世界経済の分析を説明する際に「リーマン・ショック」を引き合いに出したことに対し、野党からは批判の声があがった。首相は2017年4月の消費増税延期の条件に「リーマン級」の事態をあげるが、この日の分析では新興国の経済指標の落ち込みを例示。「延期を他国の責任にしようとしている」(民進党幹部)と反発を強めている。【松本晃、朝日弘行】

 民進党の岡田克也代表は26日、党本部で記者団に「世界は、経済がおかしくなっているという認識ではない」と首相の認識に疑問を呈し、「増税先送りの言い訳に都合よく使えるようG7を利用していると言われても仕方ない。非常に恥ずかしい。アベノミクスの失敗と認めるべきだ」と批判した。共産党幹部は「唐突感は否めない。増税延期の布石かもしれないが、意図がわからない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文678文字)

あわせて読みたい

注目の特集