メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

欲望がちいさくなって?=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 ゼネラル・モーターズ(GM)に続き、トヨタ自動車、フォルクスワーゲンと大手自動車会社が相次いで、配車アプリ企業に対する出資、業務提携を発表している。ウーバーはタクシーと違い、スマホひとつでどこにいても車を呼ぶことができ、クルマも運転手も質が高く、なおかつ安価だ。インターネットを基盤に業界を仕組みごと変えてしまう例の一つである。

 ITの利用形態では何事も後れを取る日本では、ウーバーが主流になる気配はまだ見えないが、世界の巨大な…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです