渋谷・シエスパ爆発

設計担当者の有罪判決確定へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

業務上過失致死傷罪 最高裁が被告の上告を棄却決定

 東京都渋谷区の温泉施設「シエスパ」で2007年6月、従業員ら6人が死傷した爆発事故で、施設の設計を担当し業務上過失致死傷罪に問われた大成建設社員、角田宜彦被告(58)の上告審で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は25日付で被告の上告を棄却する決定を出した。禁錮3年、執行猶予5年とし…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

注目の特集