メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋谷・シエスパ爆発

設計担当者の有罪判決確定へ

 東京都渋谷区の温泉施設「シエスパ」で2007年6月、従業員ら6人が死傷した爆発事故で、施設の設計を担当し業務上過失致死傷罪に問われた大成建設社員、角田宜彦被告(58)の上告審で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は25日付で被告の上告を棄却する決定を出した。禁錮3年、執行猶予5年とした1、2審判決が確定する。

 1、2審判決によると、温泉に含まれるメタンガスを排出する際、水蒸気が結露水になってガス抜き配管を詰まらせ、配管から漏出したガスに引火して爆発が起きた。小法廷は被告の過失の有無を改めて検討し、1、2審同様に「結露水の水抜き作業の必要性を社内の施工部門に伝達することを怠った過失がある」と結論付けた。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  4. 近大生一気飲み死亡、学生など9人を略式起訴へ 刑事責任問うのは異例

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです