メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢志摩サミット

配偶者 海女と面会 日本の心に触れて

安倍昭恵首相夫人(奥列)とミキモト真珠島を訪問し、海女と交流する各国首脳の夫人ら=三重県鳥羽市で2016年5月26日午後3時33分、川平愛撮影

 自然と伝統文化が息づく伊勢の地に主要国の首脳たちが集った。26日開幕した伊勢志摩サミット。首脳らは伊勢神宮を訪問した後、会場の賢島で議論を交わした。一方、配偶者たちは地元の海女と面会したり、高校生がふるまう和食を楽しんだりして日本文化に触れた。

 交流プログラムに参加した配偶者は、安倍晋三首相夫人の昭恵さん(53)のほか、ドイツ首相の夫のヨアヒム・ザウアーさん、EU大統領夫人のマウゴジャータ・トゥスクさん、カナダ首相夫人のソフィー・トルドーさん。

 三重県鳥羽市のミキモト真珠島を訪れた一行を、白い磯着姿の海女85人と旅館などのおかみ9人が参加各国の小旗を振って出迎えた。三重県は海女の人口が日本一で、ユネスコの無形文化遺産登録を目指している。海女たちは「女性が素潜りで漁をする海女の姿を世界にアピールできた」と手応えを口にした。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです