メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

「出産立ち会う権利ない」 夫が男性産科医銃撃

 【カイロ秋山信一】保守的な風土が残るサウジアラビアの首都リヤドで25日、女性の出産に立ち会った産科医の男性が、出産後に訪ねてきた女性の夫に銃撃され、重傷を負う事件があった。逮捕された夫は「男性の医師に出産に立ち会う権利はない」と主張した。サウジでは公共の場で男女が接することは望ましくないとされ、親族や友人にも妻を会わせない男性が多い。

 事件が起きたのは、サウジ最大規模の病院「キング・ファハド・メディカル・シティー」。病院の発表や地元メディアによると、女性は5月中旬に来院。以前に受診したことはなく、男性産科医の立ち会いの下、自然分娩(ぶんべん)で出産した。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです