メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

オバマ米大統領広島訪問(その2止) 行動求める被爆地 理想と現実に隔たりも

「きょうがスタート」

 「被爆地を訪れて核被害の実相を知ってほしい」と求めてきた広島にとって、原爆投下国のトップであるオバマ米大統領による訪問は悲願だった。平和記念公園で献花したオバマ氏は、短時間とはいえ被爆者と面会し、原爆資料館を見学したり原爆ドームの説明を受けたりした。

 オバマ氏と握手した日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表委員の坪井直(すなお)さん(91)は「広島に来て、少しでも感じてくれたのだから評価したい。これがきっかけで核廃絶のスタートになる」。松井一実・広島市長は「長い時間ではなかったが被爆の実相に触れ、核兵器廃絶の決意をより強固にしたのではないか」と語った。

 被爆地・被爆者はオバマ氏が2009年のプラハ演説で「核兵器なき世界」を唱えたことに期待したが、その…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです