メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オバマ米大統領

広島訪問 所感の意義 識者に聞く

リンカーン演説を意識 ケント・カルダーさん、米ライシャワー東アジア研究所長

 オバマ大統領の広島所感は、リンカーン大統領が南北戦争中の1863年に行ったゲティズバーグ演説を意識した内容だった。米大統領の演説としては歴史上、最も有名で、リンカーンは「未完の事業に身をささげるのが生き残った人々の責務だ」と訴えた。

 「核兵器なき世界」を目指すオバマ氏は、彼を尊敬していることで知られる。今回の所感で同様のことを訴え…

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです