メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

笹森恵子さん=米国に移住した被爆者

笹森恵子さん

笹森恵子(ささもり・しげこ)さん(83)

 「ヒロシマへようこそ。勇気を持って、来てくれてありがとう」

 「原爆乙女」の一人として渡米し、26歳から米国在住。郷里の広島へたまたま帰っている時に、オバマ大統領が訪れた。

 核兵器廃絶への道筋を示せなかった大統領に批判もあるが、「平和の思いを実現できないのは、反対する政治勢力がそれだけ強いということ。でも、大統領には感じたことを発信するパワーがある」と今後に期待する。

 13歳だった。真っ青な空に銀色の飛行機がきらきら光り、白い雲を引いた。「見て、きれいよ」。指をさし…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです