サウジ

「出産立ち会う権利ない」夫、男性産科医を銃撃

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=iStock
=iStock

 【カイロ秋山信一】保守的な風土が残るサウジアラビアの首都リヤドで25日、女性の出産に立ち会った産科医の男性が、出産後に訪ねてきた女性の夫に銃撃され、重傷を負う事件があった。逮捕された夫は「男性の医師に出産に立ち会う権利はない」と主張した。サウジでは公共の場で男女が接することは望ましくないとされ、親族や友人にも妻を会わせない男性が多い。

 事件が起きたのは、サウジ最大規模の病院「キング・ファハド・メディカル・シティー」。病院の発表や地元メディアによると、女性は5月中旬に来院。以前に受診したことはなく、男性産科医の立ち会いの下、自然分娩(ぶんべん)で出産した。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文529文字)

あわせて読みたい

注目の特集