米大統領広島訪問

「核兵器のない世界追求」オバマ氏訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 オバマ米大統領は27日、広島市の平和記念公園を訪問し、安倍晋三首相とともに原爆慰霊碑に献花した。1945年8月に米国が広島、長崎に原爆を投下して以来、現職の米大統領が被爆地を訪れたのは初めて。献花後にオバマ氏は所感を発表し、原爆の犠牲者だけでなく、第二次世界大戦で亡くなったすべての人々を追悼。また、米国を含む核保有国について「核兵器のない世界を追求する勇気を持たねばならない」と訴えた。

 式典に招待された日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表委員の坪井直(すなお)さん(91)ら被爆者とも言葉を交わした。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文752文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集