メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢志摩サミット

庶民の日本酒を抜てき 品薄の銘柄も

伊勢志摩サミットの昼食メニュー

 伊勢志摩サミットの昼食会と夕食会メニューが報道された27日、純米酒を提供した三重県内の四つの酒蔵は、朝からお祝いの電話や問い合わせに追われた。このうち、ディナーに登場した「瀧自慢 辛口純米 滝水流(はやせ)」は、地元で愛されている地酒で、「いつもの晩酌と世界の首脳が飲んだ酒が一緒」と話題になっている。今回採用された日本酒は既に品薄状態という。

 「一番うれしいのは、朝から近所の方々が『おめでとう』と言いにきてくれること」。こう話すのは「瀧自慢 辛口純米 滝水流」の瀧自慢酒造(三重県名張市)で営業を担当する杉本眞紀さんだ。サミットに採用されるのは、なかなか手に入らない「幻の酒」との認識が一般的だが、「瀧自慢」は地元の人が晩酌用に買っていく酒なので、愛飲する地元民にとっても喜びだ。

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです