伊勢志摩サミット

庶民の日本酒を抜てき 品薄の銘柄も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊勢志摩サミットの昼食メニュー
伊勢志摩サミットの昼食メニュー

 伊勢志摩サミットの昼食会と夕食会メニューが報道された27日、純米酒を提供した三重県内の四つの酒蔵は、朝からお祝いの電話や問い合わせに追われた。このうち、ディナーに登場した「瀧自慢 辛口純米 滝水流(はやせ)」は、地元で愛されている地酒で、「いつもの晩酌と世界の首脳が飲んだ酒が一緒」と話題になっている。今回採用された日本酒は既に品薄状態という。

 「一番うれしいのは、朝から近所の方々が『おめでとう』と言いにきてくれること」。こう話すのは「瀧自慢 辛口純米 滝水流」の瀧自慢酒造(三重県名張市)で営業を担当する杉本眞紀さんだ。サミットに採用されるのは、なかなか手に入らない「幻の酒」との認識が一般的だが、「瀧自慢」は地元の人が晩酌用に買っていく酒なので、愛飲する地元民にとっても喜びだ。

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1346文字)

あわせて読みたい

注目の特集