メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舛添知事問題

公私混同の釈明は「全てが疑惑ではなく」

定例会見 詳細は「弁護士が調査」繰り返し言及避ける

 東京都の舛添要一知事は27日の定例記者会見で、不透明な政治資金の支出など「公私混同」を指摘された問題について「全てが疑惑ではなく、説明できるものもある」と釈明した。一方で、これまで報道された問題への具体的な説明を求められると「弁護士が調査しているので、結果を待ちたい」と繰り返して言及を避けた。

 舛添氏はまず、自身が依頼した弁護士2人による調査が25日に始まり、現在は資料などを精査している段階…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです