メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領広島訪問

米兵の被爆調査 森さん 抱き合い、涙

所感を述べた後、被爆者の森重昭さん(中央)を抱きしめるオバマ米大統領。右下手前は坪井直・日本被団協代表委員=広島市中区の平和記念公園で2016年5月27日午後6時8分、久保玲撮影

 広島の原爆慰霊碑前でオバマ米大統領と対話した被爆者で歴史研究家の森重昭さん(79)=広島市西区=は約40年にわたり、被爆死した米兵捕虜について調査を続けてきた民間研究者だ。「原爆の犠牲者に国籍は関係ない」との強い思いから、国内外の資料をもとに被爆死した12人の米兵の存在を特定。原爆による死没者として広島市の名簿に登録された。

 森さんは、オバマ氏から「長期にわたり多くの米兵の調査をしていただいた」とねぎらいの言葉をかけられ、「被爆死した12人の米兵も天国できっと喜んでいる」と伝えたという。オバマ氏と抱き合った森さんの目には涙が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです