メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領広島訪問

米兵の被爆調査 森さん 抱き合い、涙

所感を述べた後、被爆者の森重昭さん(中央)を抱きしめるオバマ米大統領。右下手前は坪井直・日本被団協代表委員=広島市中区の平和記念公園で2016年5月27日午後6時8分、久保玲撮影

 広島の原爆慰霊碑前でオバマ米大統領と対話した被爆者で歴史研究家の森重昭さん(79)=広島市西区=は約40年にわたり、被爆死した米兵捕虜について調査を続けてきた民間研究者だ。「原爆の犠牲者に国籍は関係ない」との強い思いから、国内外の資料をもとに被爆死した12人の米兵の存在を特定。原爆による死没者として広島市の名簿に登録された。

 森さんは、オバマ氏から「長期にわたり多くの米兵の調査をしていただいた」とねぎらいの言葉をかけられ、「被爆死した12人の米兵も天国できっと喜んでいる」と伝えたという。オバマ氏と抱き合った森さんの目には涙が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

  2. 他県への移動 都は「自粛を」 国は「必要ない」 また足並みに乱れ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです