米大統領広島訪問

オバマ氏、4羽の折り鶴 その思いは…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オバマ米大統領が子どもたちに手渡した折り鶴=広島市中区の原爆資料館で2016年5月27日、徳野仁子撮影
オバマ米大統領が子どもたちに手渡した折り鶴=広島市中区の原爆資料館で2016年5月27日、徳野仁子撮影

原爆資料館に寄贈

 広島の原爆資料館はオバマ米大統領が訪れた後の27日夜に記者会見し、オバマ氏が佐々木禎子さんの折り鶴や資料などを見て、自身も4羽の折り鶴を資料館に寄贈したと説明した。佐々木禎子さんは、原爆症で12歳で亡くなり、「原爆の子の像」のモデルとして知られている。政府関係者によると、大統領が自ら折ったもので、小中学生に手渡したという。志賀賢治館長は「感慨深げな表情で、岸田文雄外相の説明を聞いていた。視察時間は短…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

あわせて読みたい

注目の特集