米大統領広島訪問

オバマ氏の演説 全文

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
演説するオバマ米大統領=広島市中区の平和記念公園で2016年5月27日午後5時41分、小関勉撮影
演説するオバマ米大統領=広島市中区の平和記念公園で2016年5月27日午後5時41分、小関勉撮影

 オバマ米大統領は27日、広島市の平和記念公園を訪問し、安倍晋三首相とともに原爆慰霊碑に献花し、黙とう。広島市の松井一実市長や長崎市の田上富久市長、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の代表委員の坪井直(すなお)さん(91)らを前に演説した。演説の全文は次の通り。

 71年前、晴天の朝、空から死が降ってきて世界が変わりました。閃光(せんこう)と炎の壁がこの街を破壊し、人類が自分自身を破壊する手段を手に入れたことを示しました。

 私たちはなぜここ広島に来るのでしょうか。それほど遠くない過去に恐ろしい力が解き放たれたことを考えるために来ます。また、10万人を超える日本の男性、女性、子ども、多数の朝鮮半島出身者、12人の米国人捕虜の死者を悼むために来ます。その魂がもっと心の内を見て私たちは何者なのか、私たちはどのようになれるのか、振り返るよう語りかけてきます。

この記事は有料記事です。

残り3445文字(全文3827文字)

あわせて読みたい

注目の特集