メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーカー

SNSで高まるリスク どうやって身を守る?

危険が潜むSNS

 芸能活動をしていた女子大学生が、東京都小金井市で男に刃物で刺された事件を受け、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への書き込みが注目されている。個人が気軽に情報発信できるようになった一方で、ストーカー被害に遭うリスクも高まってきた。自分の身を守るには、どうすればいいのか。

●危険潜むSNS

 小金井市の事件では、容疑者がツイッターでしつこく女子大生に嫌がらせをしたとされる。ストーカー規制法では、拒まれたにもかかわらず連続して電子メールを送信する行為は規制対象だが、今回のようなツイッターなどSNSによるメッセージ送信は対象とされていない。ユーチューブなどの動画サイトで顔を出して動画を配信する若者も増えており、手軽なコミュニケーションツールであるSNSは、面識のない人からのストーカー行為…

この記事は有料記事です。

残り2522文字(全文2873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです