ストーカー

SNSで高まるリスク どうやって身を守る?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
危険が潜むSNS
危険が潜むSNS

 芸能活動をしていた女子大学生が、東京都小金井市で男に刃物で刺された事件を受け、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への書き込みが注目されている。個人が気軽に情報発信できるようになった一方で、ストーカー被害に遭うリスクも高まってきた。自分の身を守るには、どうすればいいのか。

●危険潜むSNS

 小金井市の事件では、容疑者がツイッターでしつこく女子大生に嫌がらせをしたとされる。ストーカー規制法では、拒まれたにもかかわらず連続して電子メールを送信する行為は規制対象だが、今回のようなツイッターなどSNSによるメッセージ送信は対象とされていない。ユーチューブなどの動画サイトで顔を出して動画を配信する若者も増えており、手軽なコミュニケーションツールであるSNSは、面識のない人からのストーカー行為…

この記事は有料記事です。

残り2522文字(全文2873文字)

あわせて読みたい

注目の特集