メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ハンセン病とはの巻

薬で治る病気なのに…差別を助長した国策のツケは未解決

[PR]

ハンセン病という病気を知っていますか? ハンセン病とは、1873年にノルウェーの医師 ハンセンが発見した、らい菌による慢性の感染症です。 古来からの病気で、古文書にも描かれています。 症状は末梢神経のまひや皮膚のただれなどです。 感染力は弱く発病の可能性も低く、 薬を組み合わせた多剤併用療法で治ります。
しかし、日本ではハンセン病患者を長年、 国策で隔離してきたのです。 1907年の「らい予防ニ関スル件」が始まりで 31年に「らい予防法(旧法)」を制定し、患者を強制収容。 戦後53年には、新法にも引き継がれました。 なぜそんな政策をしたのでしょうか。 それは、戦争へ向かう中、 国力を損なうと考えられていたためです。 家族から引き離し、療養所に隔離したことで、 恐ろしい病気だという偏見が助長されてしまいました。 進学や就職もできず、それどころか療養所では 結婚の条件として断種や堕胎までさせられていたのです。 世界保健機関(WHO)は隔離を否定する見解を 60年に示しましたが、日本政府がらい予防法を 廃止したのは96年でした。
熊本地裁が2001年、同法の見直しを怠った 国と国会の責任を認める違憲判決を言い渡し、 政府と国会は同年元患者に謝罪し、補償法を制定しました。 更に16年、最高裁もようやく謝罪をしました。 裁判所庁舎外で開かれる「特別法廷」の件です。 1948年~72年、ハンセン病患者の 刑事裁判が非公開で行われていたのです。 本来は設置の可否を判断する会議が 憲法で裁判は公開が必要です。 しかし最高裁は感染の可能性を理由に 一律に特別法廷とする運用を していたようなのです。 三権全てが差別を認めたことになります。 ですが、ハンセン病はまだ終わってはいません。
元患者の家族も差別を受けたとして、 16年、国に賠償を求め熊本地裁に提訴しました。 補償法に家族は含まれていなかったのです。 原告は計500人規模になる見通しです。 明るい兆しもあります。 09年に「ハンセン病問題基本法」が 施行され、敷地や施設を地域に開放 している療養所もあります。 医療や介護を十分受けてもらいたいですね。 日本でハンセン病の新規患者はほとんどいません。 療養所にいる大半は、完治している元患者なのです。 偏見や差別が早くなくなるといいですね。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです