メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

NPO法人「蕗の薹」理事長・栗木宏美さん /愛知

NPO法人「蕗の薹」理事長・栗木宏美さん

 先月、障害のある人の生活を支える施設「ふきのとう」を岡崎市にオープンさせた。入浴や食事の生活介護をデイサービスで行うほか、併設のカフェで就労を支援する。

 「多くの人の夢をかなえる施設を作りたい」と走り始めて9年。夢にこだわる理由は幼い頃の経験にある。

 脳性小児まひで手足や言語に障害があった。小学生の頃、いじめられたという。立ち向かうことができたのは二つの力があったから。一つはピアノが弾けたこと。当時はまだ珍しかったが、親が手の訓練になると習わせてくれた。もう一つは文章を書くこと。幼い頃から日記をつけ、周囲に勧められて作文コンクールに出すと入賞するように。「障害があるとできないことが多いが、人と違うことができると大きな自信になり、夢につながった」

 自信を持てるよう導いてくれた親に感謝しているという。今度は自分がその役割を果たしたいと、デイサービスではさまざまなプログラムを用意している。ピアノや絵は本格的な講師が教え、詩作が好きな人たちの間で同人誌を作る計画もある。「これまで挑戦してこなかった分野に踏み出してほしい」と利用者の背中を押す。7年前、自宅で転倒し、せきつい損傷の大けがをしてから、障害の状況は「転げ落ちるように」悪化した。一時は寝…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです