第87回都市対抗野球

近畿2次予選 日本新薬が9点大勝 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本新薬−和歌山箕島球友会】二回表日本新薬、1死二塁で浜田が適時打を放ち、2点目を挙げる=大阪市此花区の舞洲ベースボールスタジアムで、大森治幸撮影
【日本新薬−和歌山箕島球友会】二回表日本新薬、1死二塁で浜田が適時打を放ち、2点目を挙げる=大阪市此花区の舞洲ベースボールスタジアムで、大森治幸撮影

 第87回都市対抗野球大会近畿地区2次予選(毎日新聞社、日本野球連盟近畿地区連盟主催)は28日、大阪市此花区の舞洲ベースボールスタジアムで準々決勝2試合があった。日本新薬(京都市)は計13安打で和歌山箕島球友会(和歌山県有田市)を9−0で圧倒した。新日鉄住金広畑(兵庫県姫路市)は終盤に打線がつながり、大阪ガス(大阪市)に5−2で逆転勝ちした。【大森治幸】

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文468文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい