メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一条高「よのなか科」

観光作戦、授業で考えた 参加の市長に提案 藤原和博校長発案 /奈良

奈良の観光をテーマに市の関係者たちに発表する生徒ら=奈良市の一条高校で、日向梓撮影

 奈良の観光をテーマに、奈良市立一条高校の生徒らは28日、仲川げん市長らを招いてプレゼンテーションを開催した。生徒や保護者、市関係者など約80人が参加し、観光の活性化や魅力の発信方法について熱心に語り合った。【日向梓】

 取り組みは藤原和博校長が発案し、全国の学校にも広まっている授業「よのなか科」の一環。身近にある「正解が一つとは限らない問題」について、高校生たちが大人と一緒に考える。この日は、「奈良にもっと人を呼ぶ作戦を考える」をテーマに、グループでの…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  5. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです