メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

やおきん・うまい棒 味に流行、地域色反映

「うまい棒」=株式会社やおきん提供

 「1本10円」をうたい文句に1979年に発売し、今では年間約6億本を出荷する「やおきん」(本社・東京都墨田区)の「うまい棒」。濃い味付けや多様なパッケージも人気の駄菓子界のロングセラーは「いろいろ意見は出たが、『棒状でうまいんだから、うまい棒でいいんじゃないか』と素直に決まったそうです」(広報担当)と名称決定の理由もシンプルだ。

 70年代の駄菓子業界は、うまい棒の素材でもあるトウモロコシの粉末を熱と圧力でふくらませる機械が広まり、商品の開発競争が起きていた。他社と差別化を図るため、スナックを筒状に延ばして空洞を作ることで、サクッとした食感とムラのない味付けを生み出した。縦方向からの圧力に強いつくりで、大量輸送時の商品破損も防いだ。駄菓子屋の店頭に梱包(こんぽう)されない商品が並んだ時代に湿気を防ぐため1本ずつ袋詰めした点…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです