メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションNote

2016〜17年秋冬パリコレクション 動物柄でハッピーに

[1]ドリス・ヴァン・ノッテン

 動物からパワーと癒やしを−−3月上旬に行われた2016〜17年秋冬パリコレクションでは、猫や鳥などの動物をモチーフにした服や小物が目立った。一歩間違えるとやぼったくなりそうな柄でもあり、取り入れるにはコーディネートの腕が試されそうだ。

 ●猛獣まとう、戦う女

 ヒョウやトラなど力強い動物の柄を多用したのは、ベルギーのブランド、ドリス・ヴァン・ノッテン=写真[1]。1920年代、奇抜なファッションで注目を集めたイタリアのルイーザ・カサッティ侯爵夫人とその恋人をイメージし、2人の装いを融合させたという。ヒョウ柄のコートやヘビ革のブーツは、ヒョウを連れ歩いたり、アクセサリー代わりにヘビを首に巻いたりしていた夫人にちなんだもの。英国調のエンブレム付きブレザーやレジメンタルストライプのパンツといった男性的なアイテムと合わせて、自立した女性を表現した。

 ルイ・ヴィトン=同[2]=は、かっちりしたミニバッグやリュックにジャガー柄を使った。鎖やベルトの絵がプリントされたドレス、肩の張ったレザージャケット、ハードな編み上げブーツなどと相まって「戦う女性」を思わせた。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです