メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『ドイツ軍事史 その虚像と実像』=大木毅・著

 (作品社・3024円)

 比較的リベラル・左派的な印象もある版元から出た軍事史研究書。ただし、声高に「ナチスの犯罪」を弾劾するような内容ではない。

 日本で、ナチスとそれ以前のドイツ軍部の政治動向についての研究は少なくない。兵器や軍服のマニア本は無数にある。だが、用兵や作戦思想などを原史料にあたった研究は、蓄積が乏しいという。その隙間(すきま)を埋める本書は、プロイセン時代からナチスまで、さら…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです