メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/1 治癒後のケア課題

検査結果を一緒に確認する山崎俊一朗さん(左)と佳美さん=東京都新宿区で2016年4月24日、徳野仁子撮影

 東京都在住の公務員、山崎俊一朗さん(30)は年に2回、小児科で精密検査を受けている。受診先は聖路加国際病院(東京都中央区)。コンピューター断層撮影(CT)や大腸内視鏡検査のほか、血液や尿もチェックする。今年2月にも検査を受け、担当医の石田也寸志医師(58)から結果の説明を受けた。「問題ないでしょう」。ほっとした気持ちを感謝の言葉に込めた。「ありがとうございました」

 山崎さんは3歳の時、小児がんの一種の「神経芽腫(がしゅ)」と診断された。右の腎臓を摘出し、約1年に…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです