メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/1 治癒後のケア課題

検査結果を一緒に確認する山崎俊一朗さん(左)と佳美さん=東京都新宿区で2016年4月24日、徳野仁子撮影

 東京都在住の公務員、山崎俊一朗さん(30)は年に2回、小児科で精密検査を受けている。受診先は聖路加国際病院(東京都中央区)。コンピューター断層撮影(CT)や大腸内視鏡検査のほか、血液や尿もチェックする。今年2月にも検査を受け、担当医の石田也寸志医師(58)から結果の説明を受けた。「問題ないでしょう」。ほっとした気持ちを感謝の言葉に込めた。「ありがとうございました」

 山崎さんは3歳の時、小児がんの一種の「神経芽腫(がしゅ)」と診断された。右の腎臓を摘出し、約1年に…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1271文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです