熊本地震

解体業者あっせんを 熊本市で初の仮設説明会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 熊本地震で被災した熊本市民を対象とした初めての仮設住宅への入居説明会が28日、同市南区城南町舞原の県建設技術センターで開かれた。約300世帯の出席者からは仮設入居の条件となる自宅を解体する業者のあっせんや、自宅の修繕期間中に仮設住宅への入居を求める声の他、「駐車場が1世帯1台だと農作業に行けない」などの意見も…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

あわせて読みたい

ニュース特集