安倍首相

真珠湾訪問に慎重姿勢

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日米首脳会談後、共同記者発表するオバマ米大統領(左)と安倍晋三首相=三重県志摩市で2016年5月25日午後10時49分(代表撮影)
日米首脳会談後、共同記者発表するオバマ米大統領(左)と安倍晋三首相=三重県志摩市で2016年5月25日午後10時49分(代表撮影)

 安倍晋三首相は今のところ、米ハワイの真珠湾を訪問することに慎重姿勢を崩していない。25日にオバマ米大統領と会談した後の記者会見で「現在、ハワイを訪問する計画はありませんが、昨年、戦後70年の節目に米国を訪問し、上下両院合同会議でスピーチを行いました」と語った。

 首相は戦後70年の節目にあたる昨年4月に米議会で演説し、真珠湾にも触れながら「悔悟」の念を表明した。この演説を踏まえ、8月には戦後70年談話を発表、すでに戦後の総括は終わったとの認識を持っている。

 また、首相を支持してきた保守層の間には、第二次世界大戦の戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)に疑念を持つ人が少なくない。首相が真珠湾を訪問すれば、日本が開戦に踏み切った経緯に再び焦点が当たる。歴史論争が再燃する恐れがあり、慎重論の背景になっている。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文581文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集