メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニジェール物語

守谷の福田さん原作、絵本化 有志が7月出版へ 砂漠での体験七つの寓話に /茨城

イラストレーターの乾真徳氏が描いた絵本の原画を背にする原作者の福田英子さん(左)と製作委員会代表の田口淳子さん=東京都中央区銀座の「朝日画廊」で

 西アフリカの内陸国ニジェールを支援する市民団体「コモン・ニジェール」(守谷市)の代表理事、福田英子さん(58)が原作の「ニジェール物語」が、7月に絵本化されて出版される。同国に7年間滞在した体験を基に創作した七つの寓話(ぐうわ)集だ。内容に感銘した大阪府の有志6人が製作委員会を設立し、印刷費の不足分を全国からのカンパで工面した。いずれは世界中の人々に愛される作品にしたいと、英語と仏語、現地語版での出版構想も膨らむ。【安味伸一】

 「ある夜ボクが眠る前に、船乗りをしているボクのおじさんが、アフリカの海のないほとんどが砂漠のニジェ…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文897文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです