メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやまスポーツ・お宝を巡る

西川遥輝の盗塁王トロフィー 「スケール違う」飛躍に期待 /和歌山

西川選手が2014年に盗塁王を獲得した際に贈られたトロフィー(右下)など=和歌山市本町2のわかやまスポーツ伝承館で、高橋祐貴撮影

 智弁和歌山高校野球部の高嶋仁監督が「(当時の)プロ野球のスカウトから聞いたが、打ってから、一塁ベースまでの到達タイムが高校生で日本一だったらしい。驚いた一方、どんな状況でもしっかり走る姿勢が評価され、素直にうれしかった」と笑顔で語る選手がいる。2010年秋、日本ハムからドラフト2位で指名され入団した西川遥輝選手(24)だ。

 50メートル5秒8の俊足。14年に43盗塁で、パ・リーグの盗塁王に輝いた。その際に贈られたトロフィ…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1124文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです