メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやまスポーツ・お宝を巡る

西川遥輝の盗塁王トロフィー 「スケール違う」飛躍に期待 /和歌山

西川選手が2014年に盗塁王を獲得した際に贈られたトロフィー(右下)など=和歌山市本町2のわかやまスポーツ伝承館で、高橋祐貴撮影

 智弁和歌山高校野球部の高嶋仁監督が「(当時の)プロ野球のスカウトから聞いたが、打ってから、一塁ベースまでの到達タイムが高校生で日本一だったらしい。驚いた一方、どんな状況でもしっかり走る姿勢が評価され、素直にうれしかった」と笑顔で語る選手がいる。2010年秋、日本ハムからドラフト2位で指名され入団した西川遥輝選手(24)だ。

 50メートル5秒8の俊足。14年に43盗塁で、パ・リーグの盗塁王に輝いた。その際に贈られたトロフィ…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1124文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです