メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

防災を地域の力で 地震を検証、福大でシンポ 事前計画の必要性訴え /福岡

熊本地震の教訓を受け、共助を中心とした地区防災計画作りの重要性を訴える室崎会長(左端)ら

 熊本地震の教訓を検証しようと、地区防災計画学会(会長・室崎益輝(よしてる)兵庫県立大防災教育研究センター長)が29日、城南区の福岡大学でシンポジウム「熊本地震を踏まえた地域防災力強化の在り方」を開いた。地域住民らによる共助を中心とした地区防災計画作りを進めようと、初めて九州で開催し、大学や行政の担当者ら約120人が参加した。

 地震発生直後に倒壊家屋などから住民を助けるのは消防や自衛隊でなく、地域住民が中心のため、2013年に国が改正災害対策法で地区防災計画を位置付け、自治体の地域防災計画との連動をうたった。だが熊本地震の前に九州で計画を作っていたのは、宮崎県の2地域だけだった。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです