メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

砂丘と光の感覚=酒井佐忠

 いま中東在住の若手歌人、千種創一の第一歌集『砂丘律』(青磁社)に注目していたが、このほど日本歌人クラブ新人賞を受賞したのは喜ばしい。千種は1988年生まれ。東京外語大在学中に、やはり中東在住の長かった歌人、三井修の授業「短歌創作論」を受け「外大短歌会」を創立。同人誌「中東短歌」を創刊するなどアラビア語の知識を生かした中東文化をもとにした作品が新鮮だ。砂丘から生まれる若者の感覚が詩的な光沢を放つ。

 <瓦斯燈を流砂のほとりに植えていき、そうだね、そこを街と呼ぼうか>。巻頭の一首。「街」とは、流砂の…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文569文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです