メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/2 療養中の学習支援を

インターネットを使って遠隔授業をする教諭=四街道特別支援学校で、喜屋武真之介撮影

 「調子はどう」。小児がんの一種の「急性リンパ性白血病」で成田赤十字病院(千葉県成田市)に入院している坂口花香(はなか)さん(18)を県立四街道特別支援学校(四街道市)の教諭が訪ねたのは昨年11月。坂口さんが、通っていた県立高校からこの学校に転籍して間もないころだった。

 「みんな卒業するのに、自分だけ取り残されてるみたい」。不安をのぞかせる坂口さんを教師は励ました。「卒業に必要な単位は大丈夫。心配しなくていいよ」

 四街道特別支援学校では、病気で入院している高校生のために、教諭が病院を訪れ、学習指導を行っている。…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文926文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです