メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲男性・盲導犬死亡

ダンプ運転手に有罪判決 徳島地裁

 徳島市で昨年10月、警報音を出さずに後進してきたダンプカーに全盲の男性と盲導犬がひかれてともに死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪に問われたダンプの運転手で会社員の福本亮被告(39)=徳島市八万町=に対し、徳島地裁の坂本好司裁判長は30日、禁錮2年、執行猶予4年(求刑・禁錮2年)の判決を言い渡した。

 判決によると昨年10月3日、徳島市新浜町1の市道でダンプカーを後進させ、盲導犬バルデスと一緒に歩いていたマッサージ師の山橋衛二さん(当時50歳)をひいて死亡させた。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです